☎︎ 0748-63-5234
滋賀県甲賀市水口町名坂781-1

HOME | 治療 | 多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズについて

  1. 多焦点眼内レンズを使用した白内障手術は、術後に眼鏡の使用を減らすことが期待できます。 (単焦点眼内レンズの場合には術後のピントを遠くに合わせた場合、本やスマホを見るのに老眼鏡が必要になり、術後のピントを近くに合わせた場合には遠くを見るためには遠用眼鏡が必要になります。)
  2. 多焦点眼内レンズを使用した白内障手術は選定療養の対象です。選定療養の費用として、通常の診療費とは別のレンズ代金をご負担いただきます。レンズの種類にもよりますが片眼手術で眼内レンズ代金は27万円-30万円で加えて白内障手術代金(1割負担の方:15,000円くらい、3割負担の方;45,000円くらい)が加わります。
  3. 多焦点眼内レンズを使用した白内障手術後は、夜間に明るいライトを見ると、周りに光の輪が見えたり(ハロー)、光が滲んで見えたり(グレア)します。
  4. 手術後は、必ずしも全ての方が眼鏡不要になるわけではなく、眼鏡やコンタクトレンズによる矯正が必要になることがあります。

 

多焦点眼内レンズ白内障手術は術後になるべく眼鏡装用をせずに生活したい方に適した手術です。

詳しくはスタッフにお尋ねください